Corporate Philosophy

“Providing high-quality work with attention to detail”. 

This is what Ray’s believes in. 

That is where the emotion is born, where people’s hearts are moved, and where our hearts are inspired. 

That is the driving force that will live on through our shared future. 

“Change society’s contradictory perceptions of tattoos through beauty.”

TATTOO STUDIO Ray’sとは
京都 タトゥー スタジオを発祥とし、現在では
東京 タトゥー スタジオも展開するタトゥーカンパニーです。
以下の理念を何よりも重要視しています。”ディテールにこだわり、高いクオリティの作品を提供すること”
これがレイズの信念です。
そこに感動が産まれ、人々の心が動き、それを見た我々レイズ一同も感動を貰い心が動くのです。
それこそが、我々の未来へ続く原動力となっているのです。
“責任の重い特別なアート” であるタトゥー。
これを極め続けていく為には、強い忍耐力、人間力、集中力を必要とします。
タトゥーアーティストはプロへと技術を磨いていく中で、
何度も心が折れそうになることがあります。
しかし、お客様方の心から喜ぶ姿を見るたびに
アーティストも感動を覚えるのです。
これこそが、何よりもの原動力となっているのです。
これによりレイズでは高いディテールとクオリティが保たれ、
進化し続けています。
我々のタトゥーからは感動が生まれ、
貴方の未来に希望や変化を与えます。”美を通してタトゥーに対する社会の認識を変える”歴史や文化の流れから、日本ではタトゥーへの偏見も
まだまだ尽きません。
そのタトゥーへの不の認識や、偏見の目を根本から変える力を
持っているのが ”Ray’s(レイズ)” です。
これまでタトゥー否定派から肯定派へと数多くの心を
作品の力で動かしてきました。「正直、タトゥーは絶対に入れないと思っていたけど、
貴方の作品を見て気持ちが変わりました」お客様からこの言葉を聞くたびに未来への可能性を感じます。
“美”を加えた作品、アートには人の心を180度変える力と
可能性を秘めているのです。
我々Ray’sは、そう言った可能性と影響力をさらに磨き、
未来人々の表現の自由を大きくを変えていくことに
邁進していきます。タトゥーは一生物です
我々はタトゥーを生涯を分つ証であると信じています。
必要に応じてお客様一人一人が納得のいくまで、
何度でもデザインをいたします。
過去に納得のいかない、もしくは後悔のある
施術を受けた経験がある。
そういった苦い思いを誰一人でもしてほしくない。
皆様のニーズを大切にし、悔いのない一生物のタトゥーを仕上げることを信念に強い決意のもと施術を行なっております。
2012年、京都市内にTATTOO STUDIO Ray’sをオープン。
和彫から洋彫りまで幅広いタトゥーデザインを手掛け、現在では国内だけではなく海外から数多くの
顧客に支持されおります。
オーナーのDaniel Rayはオールラウンダーとして全てにおいて突出した腕前を誇ります。
特にホワイトタトゥー、カバーアップにおける高度な技術と豊富な経験による施術は日本でも随一の実力を誇ります。
Danielだけでなく、粒揃いのアーティストたちが日々、様々なタトゥーを提供しております。
京都 タトゥー スタジオ 、 東京 タトゥー スタジオ ともに高いディテールとクオリティを有し、徹底した衛生管理のもと安心してご利用いただけるクリアなタトゥーカンパニーです。
2023年は京都市内において旧スタジオから、より広く、大きな店舗へと移転いたしました。
出発を新たに、明るくて清潔、快適な空間にてお客様をお待ちしております。

Our Studio

Online Store

Our Staff

Daniel Ray Brewster

Main Artist

AYUMI

Tattooist

Ban

Tattooist

Mr.Unchain (UC)

Tattooist

Kei

Tattooist

Ran

Tattooist

SCDP活動

SCDP(Save the Dogs and Cats Project)とは犬猫の殺処分を少しでも減らすための活動です。
Ray’sの代表Daniel Rayがある日ワイマラナーのモナと出会いました。京都 タトゥー スタジオへと連れ帰りRay’sの看板犬となったことを切掛に動物と深く関わり、始めたプロジェクトです。
RAYSアパレル商品、その他物販一点につき、またタトゥー施術一回につき100円を犬猫の保護施設や保護団体へ寄付させて頂いております。
2018年4月からはじめ、現在も進行しています。不幸なペットたちを減らすために何ができるのか…
負担の大きな活動は正直続けていくことが難しい…
しかし、何もしないよりは少しでも…
そういった思いから始めたのが“一売り上げから100円を寄付”「塵も積もれば山となる」このことわざからアイディアを借りた発想でした。
そしてタトゥースタジオ、タトゥーアーティストとして社会にできることは何か?
そう考えた時、 Ray’s(レイズ)はSCDPを通し社会貢献の一端として今も活動を続けています。