革にタトゥー?? MontblancさんとRay'sのコラボが実現

革にタトゥー?? MontblancさんとRay'sのコラボが実現

投稿日 :
2017-11-13 17:19:25
カテゴリ :
スタジオ情報-STUDIO INFO-
WRITER :
スタッフ

なんとなんと!

あの万年筆で有名なMontblancさんとRay'sのコラボが実現しました!

 

モンブランさんのアジアにおけるプロモーションで、

レザー製品にタトゥーを彫るというものです。

(モンブランさんは万年筆以外にも様々なレザー製品や時計などでも有名なんです。)

 

香港・韓国・日本の各国からタトゥーアーティストが1名ずつ選ばれます。

 

なんと!

 

日本のタトゥーアーティストにご指名頂いたのが、当スタジオの代表アーティストであるDanielなんです!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



「革にタトゥーを彫る」という前代未聞のご依頼だったので、

色々と苦戦しましたがなんとか期日までに2つの作品を納品することができました。



それで今回、東京のMontblanc銀座本店で、ファッション関係のプレスやメディアの方々をご招待したカクテルパーティーに我々も招待して頂きました。

 

いつも饒舌なDanielですが、さらに輪をかけてべっらべらと楽しそうに、でも緊張しながら出席された皆さんに作品の説明をしていました。

 

ご出席された皆さんには大変興味を持って頂けたので嬉しい限りです。

 

12月には香港で同じようなイベントがありますがさらに規模が大きいそうです。

もちろんこちらにも招待されているので出席してきまーす!

また報告しますので、こちらもお楽しみに。



オフィシャルPVはコチラ

 

 

--革にタトゥーを彫るということ--

 

さて、今回この「革にタトゥーを彫る」ということなんですが、

企画から完成まで、私ISOも関わっておりましたので私なりの感想を

簡単に皆さんにご紹介したいと思います。



最初にメールでお話を頂いた時は、何かのイタズラかと思いましたが

わざわざ東京から当スタジオまでMontblancさんのナンバー2が起こしくださり

ご説明をして頂きました。

 

老舗一流ブランドのお偉いさんとは思えない気さくな方でしたが、仕事できるオーラはめちゃくちゃ出ていたのが印象的です。

 

その後話はトントン拍子に進み、

サンプルのレザーがスタジオに届き

「とりあえず彫ってみよ!」ということで試してみました。

 

やはり人の皮膚より硬いので、タトゥーマシンにいつもより負荷がかかります。

 

いつもは静かなマシンもその時ばかりは、「ゔぃ〜〜〜ん」と音を立てていました。

 

革に針が跳ね返される振動、指や手にかかる負荷を考えると普段より疲れるそうです。

 

また、人の皮膚と比べると、革はインクが少し入りにくいようで時間も1.5倍くらいはかかったと思います。

 

 

革に彫るのも慣れれば問題無いようでしたが、最大の難関は彫ったところ以外に付着するインクの汚れ。

 

人の皮膚と違い、インクを拭き取った後の余分なインクが革の内部へ浸透して定着してしまうのです。

 

 

これをどうすればキレイに拭き取ることができるのか?

 

 

この問題と向き合い、解決するのにはかなりの時間がかかりました。

 

「他の国のアーティストはどうしてるんかな〜??」

なんて思いながら、様々な方法を試行錯誤する日々が続きます。

 

 

そんな焦っている我々に追い討ちをかけるかのように、

Montblancさんから本番用のレザーが届きます

 

 

今回当スタジオで施工させて頂いたのは、ブリーフケースとクラッチバッグです。

本番用のレザーは、それらになるようにきっちりと裁断されたもの。

 

当然失敗は許されません



あれやこれやと試行錯誤の末、

ようやく汚れ問題が解決した時にはすでに納期がギリギリ・・・

 

それでも、ダニエルの持ち味である驚異の集中力を発揮し、駆け足でレザータトゥーの施工を行いなんとか無事に2作品を納品できました。

 

 

よくトップアスリートが集中した時、「ゾーンに入る」とかいう表現をしますが、

タトゥーを彫っているダニエルも、ある種その領域に達しているんじゃないかと勝手に思っています。

 

 

その後仕上がったレザーをMontblancさんへ送り、そこからイタリアで職人さんが最終の加工などを施しバッグへと仕上げます。



そして、Danielのタトゥー技術とMontblancさんの技術がコラボしてできた作品がこれ







ブリーフケース:ホワイトのみで仕上げたフェニックス

クラッチバッグ:ブルーのグラデーションを使った九尾狐



 

 

今回はプロモーションでのみ使用するもので売り物ではありません。

でも製品化もして欲しいなあ〜・・・

 

なんて期待をひそかにしています。






東京出張をまとめた動画も公開していますので、ぜひこちらもご覧ください

https://youtu.be/4aUma3wvKiY




(追記:2017年11月30日)
Casa BRUTUSさんに掲載されました!

https://casabrutus.com/fashion/61314




 

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        犬猫の殺処分減少を目指すプロジェクト

        犬猫の殺処分減少を目指すプロジェクト SDCP RAY'S